Tomorrow Asia

アジアニュース(特に中国)を独自の視点で翻訳・編集して紹介します。

2015年8月18日 21世紀経済報道 天津の爆発事故をうけ、長江沿岸の各省では危険物の生産・運輸・備蓄等に関する安全検査に乗り出した。 長江航務管理局の資料によれば、長江沿岸における化学工業生産量は中国全土の約46%を占め、扱う危険物の量は1.7億トンに上る。 8月13 …
続きを読む

2015年8月18日天津日報 天津市当局の発表によると、今年1月から6月までにおける天津市の「三つの公費」による経費支出は3億1073万元となり、前年同期比16.7%(6223万元)の減少となったことが明らかになった。内訳は、公務による外国出張の支出が1638万元(前年同期比128万 …
続きを読む

(2015年8月17日 正北方網)内モンゴル自治区発展改革委員会が明らかにしたところによると、同自治区の公共事業費として、中央から23.5億元の投資を獲得した。内訳は、基礎インフラ建設費が21.9億元、村衛生建設費が1.6億元。この他、内モンゴルでは公共事業プロジェクトと …
続きを読む

8月17日午前11時(北京時間)、天津港爆発事故第7回記者会見が行われた。同会見には天津市の何樹山副市長が出席。会見に先立ち、これまでの記者会見に姿を見せなかった理由を弁明。それによれば、爆発地点付近には劇毒性の危険物が多く残されており、これら危険物の処理を連 …
続きを読む

(2015年8月17日 南方都市報)今回の爆発事故を引き起こした瑞海国際物流公司は天津港内の物流企業だ。ところが、その業務審査、安全監督等の責任所在を巡って不可思議な現象が起きている。責任の所在を辿って行くと、天津港の特殊な事情が明らかになった。天津港は北方最大 …
続きを読む

中国民航局は「危険物の航空運輸安全管理を強化することに関する通知」を航空各社に下した。同通知の中にはリチウムイオンバッテリーなどの携帯型充電バッテリーの持ち込みをさらに制限すると書かれている。8月16日付け新華網が伝えた。現在でも、中国の飛行機では充電バッテ …
続きを読む

8月13日、レノボグループ(聯想集団)が2015年第一季報告を公開した。それによると、当該期の同社営業売上は107億ドル(前年同期比3%増)、純利益は1.05億ドル(同51%減)となった。8月15日付け21世紀経済報道が伝えた。今回の利益大幅減の「首犯」はモトローラである。レ …
続きを読む