Tomorrow Asia

アジアニュース(特に中国)を独自の視点で翻訳・編集して紹介します。

ネットショッピング大手・京東(JD.COM)がドローンによる配達テストを開始した。21日、北京商報が伝えた。

報道によれば、今回のテストは農村部での物流システムを見据えてのもの。農村部は配達拠点から直線距離が10キロ以内だったとしても、途中に河や山があり、地形が複雑なことが多い。そのため配達員の時間コストが高くついてしまう。また、重量や面積が大きくない荷物も多く、配達拠点からドローンによる商品配送を行うのに適しているという。

京東のCEO劉強東氏は、「急速に成長している農村部での電子商取引ニーズに応えるために、積極的にドローン配送システムを開発していく。大型積載、長時間飛行、高性能といったドローンを武器に、ドローン配送と京東の物流システムを結びつけたい」と語った。(翻訳・編集S.K.

参考記事はこちら(クリックすると開く)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ブログランキング参加中。クリックしていただけるとやる気が出ます↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

トラックバック